シェーバーは定番人気!ビキニラインのムダ毛処理について

“ビキニラインは別の言い方でvラインとも呼ばれており、それほど範囲が広くないので、自己処理をしている人も少なくありません。

市販のシェーバーがたくさん出回っていますから、それらを使ってムダ毛を処理することも多いでしょう。

今回は、シェーバーを使ってビキニラインのムダ毛処理をする方法について説明します。

ビキニラインの自己処理に使うシェーバーの種類

ビキニラインのムダ毛処理で、シェーバーを使う人はとても多いです。

カミソリを使うよりも肌に優しく、脱毛クリームのように放置時間が必要ないため、忙しくても簡単にお手入れできるからです。

女性が自己処理で使うシェーバーは、大きく分けてると2種類で、剃るタイプと抜くタイプがあります。

剃るタイプは男性用のヒゲ剃りに似ており、充電式のコードレスなら使い勝手が良いですね。

一方、抜くタイプは家庭用脱毛器と同じ括りで、こちらも根元から脱毛できますから、美しく仕上がります。

また、このような電気シェーバーではなく、入浴中でも使える、シェービング剤が付いたカミソリタイプのものもあります。

どの種類を選ぶかは、肌質やムダ毛の濃さ、量によって変わるので、ネットの口コミなどをよく見て、商品を選ぶようにしてください。

シェーバーの自己処理はコスパが良好

ムダ毛処理に費用をかけたくないのは、多くの女性が感じている本音でしょう。

脱毛サロンほどではなくても、シェーバーを使う処理法はキレイに仕上がりますし、何よりもコスパ面が良いことに魅力があります。

シェーバーの本体は、安いものなら約2000円前後から販売されており、定期的に替え刃を買い足しても、3000~5000円程度の費用で済みます。

抜くタイプのシェーバーは、本体価格が少し高くなり、約1~3万円程度の費用が必要になりますが、剃るタイプよりもムダ毛処理の回数が少ないメリットがあるのです。

脱毛サロンでビキニラインの施術を受ければ、コース内容や個人差もありますが、平均で5~10万円くらいの費用がかかります。

比較すると、シェーバーを使うほうがコスパが良好であり、できるだけ費用を抑えて処理できるというわけです。

シェーバーでビキニライン処理を行うデメリットは?

脱毛サロンに行かず自己処理で済ませるなら、費用がかからないメリットがありますが、同時にデメリットもでてきます。

剃るタイプなら毛先が尖ってしまうので、伸びかけの短い毛が皮膚に当たって、チクチクする感触があります。

抜くタイプでは、埋没毛が残ったり、毛嚢炎などの炎症を起こすこともありますから、十分に注意して使わなくてはいけないのです。

ビキニラインの皮膚はデリケートですから、ムダ毛処理をする時は、どちらのタイプのシェーバーを使っても、きっちりと保湿をしてケアしましょう。

ビキニラインのうち、お尻のほうは手が届きにくいため、シェーバーで処理した後に、肌荒れを起こすこともよくあります。

放置すると乾燥が進み、黒ずみやシミのようなものができることもありますから、十分な保湿ケアをするように心がけてください。

自分の肌質と予算に合ったシェーバーを選ぶ

自分で剃ったり抜いたりできるシェーバーは、ビキニラインの自己処理の方法のなかで、安全性が高くて費用も安く済みます。

ただし、肌質と予算に合ったシェーバー選びは難しいものなので、色々と試して最適な商品を探すことが大事です。

自分にぴったりのものを探して、自宅で簡単にビキニラインのケアができるように努力してください。”

コメントは受け付けていません。